アメリカのおすすめ旅行情報サイト

ハーバード大学の生協「COOP」

ハーバード大学の生協「COOP」

ハーバード大学の生協「COOP」

ボストンの名門大学として知られているハーバード大学には、日本の大学と同じように生協とよばれるスポットがあります。

 

一般の人でも自由に出入りすることができるので、ボストンのお土産としてオリジナルグッズを購入するのにも、とてもおすすめです。

 

レッドラインの地下鉄ハーバード駅の中央出口を出て、すぐ目の前の横断歩道を渡った所にハーバード大学の生協「COOP」があり、こちらは書籍が専門のお店となっています。

 

お土産や雑貨などを購入したい場合には、さらに左側へ1ブロックほど行った場所にも2号店があります。

書籍が専門の生協「COOP」

生協「COOP」のカフェ

生協「COOP」のカフェ

書籍が専門の生協「COOP」は赤い看板が目印のビルの中あります。

 

赤い看板の下には小さく「Coop Cafe」ともかかれているので、小さなカフェも併設されています。

 

大学の中の敷地にあるわけではなく、目の前の通りは激しい交通が行き交う大きな道路であり、ハーバード大学がいかにボストンのシンボル的な大学であるかを物語っているようにも思えます。

 

入口には大きなショーケースがあり、生協「COOP」らしく、書籍などがディスプレイされています。

 

一見するとふつうの本屋さんとお変わらない雰囲気があります。

 

取扱いのある本は大学で使用する教科書や専門書なども多く見受けられますが、いわゆるふつうの本屋さんでも販売されているような本もたくさんあります。

 

平置きされている本から、きちんとした本棚に収納されている本、また天井にも届きそうなほど高い場所まで本がびっしりと並べられています。

 

地元の人達もたくさん訪れている様子で、店舗の奥には2階に続く階段があります。

 

2階では1階のフロアをのぞくことができる構造となっており、2階には小さなカフェもあり、飲み物や軽食などを注文できます。

 

カフェではハーバードの学生と思われる人達が必死に勉強をしている姿がとても印象的です。

 

ハーバード大学のオリジナルグッズ

ハーバード大学

ハーバード大学

2号店にはハーバード大学のロゴグッズなどがたくさん販売されている、いわゆる観光客向けのお店となっています。

 

ハーバード大学をモチーフとしたトレーナー、マグカップなどの雑貨、ステッカー、また文房具類なども充実しています。

 

文具類は日本のものよりも、全体的に大き目となっており、ファイルなども大きく「HARVARD」と刻まれていて、とてもインパクトがあります。

 

またハーバード大学のオリジナルのミネラルウォーターまで販売されています。

 

値段は観光客用なのか割安感はあまりないですが、他のアメリカの都市ではなかなか購入するのが難しいハーバード大学のグッズは、ボストン観光の記念にもとてもおすすめです。