アメリカのおすすめ旅行情報サイト

ボストンレッドソックスの本拠地「フェンウェイパーク」

フェンウェイパークは、ボストンレッドソックスの本拠地として親しまれている球場であり、メジャー最古の球場として知られています。

 

そのため球場全体がとてもノスタルジックな雰囲気に包まれており、親しみやすさが感じられる球場としても知られています。

 

またもっとも古い球場であるだけではなく、メジャーリーグ最小の球場としても知られています。

 

そのためグランドが非常に近く、迫力感があるのもここフェンウェイパークならではの魅力といえます。

 

またここフェンウェイパークは球場の形がややいびつな造りとなっています。

 

左翼が短く、それをカバーするために「グリーンモンスター」と呼ばれる高さ約11.3メートルが設けられており、一つの名物として知られています。

 

フェンウェイパークへのアクセスにもっとも近い駅はケンモア駅ですが非常に混雑しやすいため、フェンウェイ駅の利用もおすすめです。

 

ケンモア駅からスタジアムまでは徒歩で7〜8分ほどの距離となっており、その途中にはレンガ造りの町並みを楽しむことができます。

 

駅を降りるとすでにたくさんのユニホームを着た熱狂的なファンが盛り上がりをみせています。

 

お洒落なレストランやバーなどもたくさん軒を連ねていますが、試合が行われている日はいつもたくさんの人たちで賑わいをみせています。

フェンウェイパークの楽しみ方

チケットの予約は公式サイトから事前に予約ができ、予約したものをプリントアウトしていくか、もしくは当日でもチケットは購入ができます。

 

またあまり英語に自信のない方は、ホテルからの往復送迎付きのツアーなどに参加してみるのもおすすめです。

 

ツアーにはスタジアムの内部を見学できるツアーもあります。

 

試合のない日には午前中から夕方まで一時間おきに内部に入ることができますが、試合のある日は15時が最終となっています。

 

内部の見学だけであればツアー代金は15ドル前後が相場となっているので、コストパフォーマンスの高さもとても魅力的です。

 

ここフェンウェイパークの名物として知られているのが、5ドルのホットドックです。

 

味はどこか懐かしいシンプルな味わいですが、ここフェンウェイパークのクラシカルな雰囲気にどこかぴったりな印象です。

 

また球場に隣接しているレッドソックスのショップもお土産が充実しており、ここでしか購入できないアイテムはとても魅力的です。

 

試合の前後は非常に混雑がしやすいため、試合の合間に訪れてみるのもおすすめであり、その方がよりじっくりとショッピングを楽しむことができるでしょう。