アメリカのおすすめ旅行情報サイト

グランドキャニオン記事一覧

セドナからグランドキャニオンへドライブをしよう

アメリカのセドナアメリカの世界遺産として知られているグランドキャニオン、そしてパワースポットとして注目を浴びているセドナは、まさにアメリカらしい大自然が残されている場所であり、レンタカーがあれば、個人でも2つの観光名所を巡ることは可能となっています。またツアーなどではセドナとラスベガスがセットになっ...

≫続きを読む

 

グランドキャニオンの入り口のキャニオンビューインフォメーションプラザに立ち寄ろう

キャニオンビューインフォメーションプラザの内部グランドキャニオンをはじめて訪れたらまずは立ち寄りたいのがインフォメーションセンターです。通常英語の「Canyon View Information Plaza」の頭文字をとって「CVIP」とよばれています。グランドキャニオン国立公園の南口ゲートから車1...

≫続きを読む

 

グランドキャニオンのヤバパイポイントへ行こう

ヤバパイ・オブザべーション・ステーションアメリカの世界遺産にも登録がされているグランドキャニオンには、たくさんのビューポイントがありますが、中でももっとも美しいサンライズとサンセットをみられる場所として知られているが、ヤバパイポイントとよばれるところです。ヤバパイポイントは、無料のシャトルバスが停車...

≫続きを読む

 

グランドキャニオンのブライトエンジェルトレイルを歩こう

ブライトエンジェルトレイルの看板ブライトエンジェルトレイルのトレイルグランドキャニオンのノースリムには、たくさんのトレイルがあります。ただしトレイルは初心者でも気軽に楽しめるものから、難所とよばれる場所を何時間も歩くトレイルまで多数あります。そのため事前に自分のレベルがどのくらいのトレイルに相応しい...

≫続きを読む

 

グランドキャニオンのサウスリムを楽しもう

サウスリムへのドライブルート歩道も整備されているサウスリムグランドキャニオンはその壮大な面積からノースリムとサウスリムの2つのリムで構成されており、もっとも多くの観光客が訪れるリムがサウスリムとよばれています。このリムとは「壁」を意味しており、確かにダイナミックなグランドキャニオンの壁はリムとよぶの...

≫続きを読む

 

グランドキャニオンの売店・ホピハウス

グランドキャニオンの売店・ホピハウスホピハウスの看板グランドキャニオンは広大な敷地面積を誇っており、そのエリアごとにいくつかの名前が付けられています。中でもサウスリムとよばれるエリアは、ラスベガスからのアクセスのもよく、ホテルやレストランなどの施設も多数あることから、ラスベガスの観光の中心として親し...

≫続きを読む

 

飛行機でのグランドキャニオン観光

グランドキャニオングランドキャニオンの観光は陸路でアクセスするのが一般的に親しまれている方法ですが、値段はやや割高ですが飛行機にのって上空からその壮大な景色を楽しむのもとてもおすすめです。現地に行ってからでも申込みは可能ですが、日本からもウェブサイトや旅行会社などを通して事前に予約をすることができま...

≫続きを読む

 

グランドキャニオンへのアクセスのまとめ

グランドキャニオンへのドライブルートグランドキャニオンのもっともメジャーな場所であり、もっとも多くの観光客が訪れる場所にサウスリムが知られています。ここサウスリムへはフェニックスやフラッグスタッフなどから車で訪れるの人も多いルートとして知られています。車でサウスリムへ入るためには、車1台あたり25ド...

≫続きを読む

 

グランドキャニオンのおすすめのお土産

グランドキャニオングランドキャニオンにはあまりお土産を購入できる場所がないため、お土産を探すのに苦労することも多い印象です。ただしグランドキャニオンのサウスリムのあたりには、比較的お土産ショップなども多くあります。またレストランやホテルの中でも販売されていることも多いので、よく目を凝らしてみてみるの...

≫続きを読む

 

グランドキャニオンを楽しむための持ち物と注意点

グランドキャニオンはまさに美しい自然がその魅力でもありますが、柵などが設けられているところが少なく観光をするには一層の注意が求められる観光スポットでもあります。グランドキャニオンは朝夜と昼間の寒暖の差が激しいため、時間帯によって脱いだり着たりできるような服装がおすすめです。特に冬のシーズンの1月や1...

≫続きを読む

 

グランドキャニオンのシャトルバスをうまく活用しよう

グランドキャニオン国立公園のサウスリムには無料でシャトルバスが運行されています。そのためうまくシャトルバスを利用すれば、効率的に観光を楽しむことができます。一般の車では走行できないエリアもシャトルバスでアクセスができるため、ゆっくりと時間をかけて観光を楽しみたい方にはおすすめの手段といえます。尚、グ...

≫続きを読む