アメリカのおすすめ旅行情報サイト

グランドキャニオンにきたらまずはキャニオンビューインフォメーションプラザに行こう

キャニオンビューインフォメーションプラザの内部

キャニオンビューインフォメーションプラザの内部

グランドキャニオンをはじめて訪れたらまずは立ち寄りたいのがインフォメーションセンターです。

 

通常英語の「Canyon View Information Plaza」の頭文字をとって「CVIP」とよばれています。

 

グランドキャニオン国立公園の南口ゲートから車10分の場所に位置しており、パンフレットや地図などを入手できるので、まずはグランドキャニオンの全体像をつかむのにもとても最適な場所です。

 

また数あるハイキングコースの詳しいルートなどの情報も入手することができます。

 

初心者向きなのか上級者向きなのか、所要時間や天候状況などを詳しく教えてくれるので、慣れている人であっても最新の情報が入手できるので、とてもおすすめです。

 

パンフレットの一部は日本語にも対応しているので、英語が分からなくてもさほど心配はいりません。

 

またビジターズセンターとして訪れる人への総合案内所として親しまれていることから、質問や相談などに応じてくれるスタッフもいます。

 

ただし日本語には対応していないため、全て英語でのコミュニケーションとなっています。

 

営業時間は午前8時から午後5時ですが、屋外にも館内と同じ内容の展示物があるので、時間外の場合であっても楽しめるようになっています。

 

ただしこの付近には崖に柵などがほとんどないので足元に十分注意しましょう。

 

また野生のリスや鹿などを見かけることも多々がありますが、伝染病などを持っていることもあるのであまり近づかないようにしましょう。

キャニオンビューインフォメーションプラザからのシャトルバス

キャニオンビューインフォメーションプラザ

キャニオンビューインフォメーションプラザ

キャニオンビューインフォメーションプラザにはお手洗い、公衆電話、書店、ブックストアーなどもあります。

 

またここキャニオンビューインフォメーションプラザの前からはグランドキャニオン内を巡回しているシャトルバスにも乗ることができます。

 

「ビレッジルート」や「カイバブトレイルルート」など観光をする場所によって、いくつかのルートに分かれているので、シャトルバスに乗る前によく確認をしておくことがおすすめです。

 

またこのシャトルバスは無料で乗車することができるのも、とても魅力的です。

マーサーポイントにも立ち寄ろう

マーサーポイント

マーサーポイント

キャニオンビューインフォメーションプラザから歩いて3分ほどのところには、ビューポイントとして知られているマーサーポイントとよばれる場所があるので、まずは手始めに訪れてみるのもおすすめです。

 

これは初代国立公園局長の名前から命名されたもので、特にサンライズとサンセットの時間帯には、格別に美しい景色を楽しむことができます。