アメリカのおすすめ旅行情報サイト

グランドキャニオンの持ち物

グランドキャニオンはまさに美しい自然がその魅力でもありますが、柵などが設けられているところが少なく観光をするには一層の注意が求められる観光スポットでもあります。

 

グランドキャニオンは朝夜と昼間の寒暖の差が激しいため、時間帯によって脱いだり着たりできるような服装がおすすめです。

 

特に冬のシーズンの1月や12月は気温がマイナス10度くらいになることも珍しくはありません。

 

物をつかむのもやっとなほどの手がかじかむほどに寒いこともあり、ニット帽や耳当て、手袋などがあるとより快適に過ごすことができるでしょう。

 

また一方夏のシーズンは気温が30度くらいまで上がります。グランドキャニオンでは日陰が少ないため、帽子、日焼け止め、サングラス、飲み水は必須となっています。

 

ただし夏でも夜になれば10度くらいになることもあります。

 

そのため夏でも長袖の羽織物が一枚あるとよいでしょう。

 

またトレイルの途中には売店などが一切ないところも多数あります。

 

そのためあらかじめトレイルに入る前に飲み物や食糧なども持っていくと安心です。

 

食糧品は軽くてエネルギー補給となるようなチョコレートやカロリーメイトなどが、おすすめです。

グランドキャニオンをより楽しむために

またデジタルカメラを持参する方も多いと思いますが、両手を開けておくためにも首からぶら下げられる紐などがあるとよいでしょう。

 

また本格的にサンセットやサンライズなどの写真を楽しみたい方は三脚などがあると便利です。

 

非常に太陽の光が強く手振れを起こしてしまう可能性もあるので、その方がきれいに写真撮影をすることができます。

 

また双眼鏡があった方がより景色を楽しむことができます。

 

グランドキャニオンには眼下にコロラド川が流れていたり、色鮮やかな地層が見えたりと、双眼鏡ではないと楽しめないスポットもたくさんあります。

 

より景色を楽しみたい方には双眼鏡はとてもおすすめです。

 

またとにかく山の天気であることから、どんなに晴れていても急な雨が降ってくることも珍しくありません。

 

そのため天候のよい日であっても必ず雨具を持っていくようにしましょう。

 

また小雨などにも備えてレインコートなどがあるとより便利といえます。

 

またグランドキャニオンは眼下がすぐ崖となっているところも少なくありません。

 

そのためスニーカーよりもできるだけ登山靴などを履いていくとよいでしょう。

 

またジーンズスタイルはひざに負担がかかってしまうためあまりおすすめできないので、登山用の服装を心掛けるようにしましょう。