アメリカのおすすめ旅行情報サイト

アメリカ最南端の町・ナアレフ

ナアレフのモンキーポッドツリーの看板

ナアレフのモンキーポッドツリー

ハワイ島のナアレフの町はとても小さく、地図でよく場所を確認しておかないとドライブをしていても見逃してしまいそうに小さな町です。

 

カイルアコナからおよそ1時間半、ヒロからおよそ1時間40分とちょうど中間地点に位置しています。

 

実はナアレフはハワイ島の最南端に位置しており、またアメリカ全土に於いても最南端の町として知られています。

 

一番の繁華街はわずか3キロほどのメインストリートがある程度であり、ここにはグルメスポットやローカルな雰囲気が漂うスーパーなどがあります。

 

ナアレフの町はドライブで観光客が通過する程度であり、観光客が歩いている様子は滅多にみかけません。

 

ナアレフの人口はわずか1000人程度であるそうなのですが、それでも学校、教会、郵便局、銀行、ガソリンスタンドなど地元の人達のローカルな雰囲気が漂うクラシカルな町並みがとても印象的です。

 

ナアレフの町は、いわゆる観光客を対象としたホテルはほとんどありません。

 

そのため、1泊をしたい場合には、隣町のワイオヒヌとよばれるエリアの方が充実しています。

 

しかし大型ホテルではなく、B&Bやモーテルなどになりますが、それもローカルな雰囲気が楽しめるのでおすすめです。

ナアレフのB級グルメスポット・プナルウ・ベイクショップ

ここナアレフでよくガイドブックなどに取り上げられているB級グルメスポットといえば、プナルウ・ベイクショップです。

 

このお店は1970年にオープンしたとても歴史あるお店であり、わざわざ遠方から観光客も訪れるほどの人気のベーカリーです。

 

店内に入ると、焼きたてパンのほんのりとしたよい香りが漂い、パン以外にもお惣菜系のサンドイッチやマラサダなどの軽食も充実しており、ドライブの休憩場所にも最適です。

 

お店の外には小規模なテラス席もあり、緑豊かなナアレフの町を堪能しながらのんびりとした時間を過ごすことができます。

 

またお土産用のクッキーもあり、ハワイ島の定番のお土産に差をつけたい方にもとてもおすすめです。

ナアレフのモンキーポッドツリー

ナアレフのモンキーポッドツリー

ナアレフのモンキーポッドツリー

またこのナアレフの町にはあまり有名ではありませんが、モンキーポッドツリーとよばれる木があります。

 

この木は作家マーク・トウェインによって1866年に植えたと伝えられる木であり、1957年に嵐に遭遇してしまい、一度は倒れてしまったこともありましたが、現在では回復をして、いつしかドライブの観光スポットとしても親しまれるようになりました。

 

12月にはナアレフの町でマーク・トウェイン・フェスティバルも開催され、町の人がたくさん集まってとても盛り上がりを見せることで知られています。

関連ページ

ハワイ島のコナ空港の利用法
ハワイ島コハラコーストにあるキングスショップ
のんびりできるリゾートホテル!フェアモントオーキッドハワイ
フェアモントオーキッドハワイの庭園を散策
フェアモントオーキッドハワイでビーチを楽しむ!
神殿が見事!プウコホラ・ヘイアウ国立歴史公園へ行こう!
ハワイアンの漁村を再現!ラパカヒ州立歴史公園へ行こう!
今注目されているハワイアン航空に乗ってみよう
ハワイ島に欠かせないレンタカー攻略法!
ハワイ島でドライブを快適に楽しむための持ち物
ポロル渓谷で絶景とハイキングを楽しもう!
ハワイ島のカパアウの町とカメハメハ大王像の魅力
ハワイ島のワイメアの町をドライブしよう!
コナ地区のグルメスポット・コナビーチステーキハウスへ行こう!
ヒロ地区の癒しのスポット・アカカ滝を見に行こう!
ロイヤルコナコーヒーミル&ミュージアムへ行こう!
ハワイ島のコナ地区とヒロ地区の違いとは
ロコモコ発祥の店「CAFE100」へ行こう!
ヒロ地区のシンボル・レインボー滝へ行こう
ノスタルジックな町・ハワイ島のヒロを歩く
ハワイ島のヒロ地区にあるカメハメハ像を見に行こう!
コナ地区のアリイドライブを歩く
キラウエアビジターセンターを活用しよう
ハワイ島のワイピオ渓谷へ行こう
カマカホヌビーチで遊ぼう
ヒロのファーマーズマーケットへ行こう
プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園のティキを見に行こう
ドライブにもおすすめL&Lハワイアンバーベキューを食べよう
黒砂海岸のホヌに会いに行こう