アメリカのおすすめ旅行情報サイト

レンタカーの予約方法

ハワイ島のドライブロード

ハワイ島のドライブロード

ハワイ島の観光に欠かせないレンタカーは、やはり日本からの事前予約がお勧めです。

 

現在その予約方法で一番利用されているのが、インターネットからの予約です。

 

インターネットからはアラモ、エイビス、バジェット、ダラー、ハーツなどの会社は、日本語で予約ができるようになっています。

 

バウチャー券をプリントアウトするだけで、比較的簡単に予約をすることができます。

 

料金はどの会社もあまり大差はありませんが、「JAF」の会員になっているとレンタカー会社によっては割引サービスを受けられることがあります。

 

「国際免許証」を発行する手間もなく、何よりハワイでは日本の免許証でレンタカーを利用することができます。

 

ハワイでは右側通行となっており、それが日本とはもっとも大きな違いといえますが、ハワイ島のドライブルートは意外とシンプルなので、一度ハンドルを握ってしまうと、比較的すぐに慣れることができます。

 

また何十キロも交差点や信号がないので、オアフ島のワイキキ周辺の複雑な道を想像している方は、同じハワイでもその違いに驚かれる方が多いでしょう。

 

またハワイ島の観光地の駐車場は無料であり、有料であってもほとんどが5ドル以下で駐車することができます。

 

カーナビVS地図

コナ空港からレンタカー会社までのシャトルバス

コナ空港からレンタカー会社までのシャトルバス

ドライブには欠かせないドライブイン

ドライブには欠かせないドライブイン

カーナビはレンタカー代金とは別に1日につき10ドルが相場となっており、やはりハワイ旅行には欠かせないアイテムであり、ハワイ島初心者の方には特におすすめです。

 

しかしカーナビを利用する際の一番の注意点は、カーナビを付けていると車上荒らしに合いやすいといわれています。

 

たとえ長時間ではなくても駐車する度にカーナビを取り外して外から見えないようにして置く必要があります。

 

またカーナビは確かにあったら便利ですが、なくても十分にハワイ島を満喫することができます。

 

特に現地ハワイ島のスーパーやお土産ショップではハワイのドライブマップが5ドルくらいで販売されています。

 

日本のガイドブックに掲載されている地図ではやや簡略化されているものが多いので、しっかりとした細かい地図を現地で入手するのがおすすめです。

 

カーナビに頼らずに運転する場合には、次のポイントまでの距離感は地図で常に確認をして、目的地近くなったら看板に注意するようにしましょう。

 

また日本の感覚だとメインの目的地まではあと何キロという看板が小まめに出ていますが、ハワイは日本に比べて事前のインフォメーションの看板は少なく、急に目的地となっていることが多々あります。

 

ハワイの看板ではマイル表記となっており、1マイルは1.6キロと覚えておくと、とてもドライブに便利です。

関連ページ

ハワイ島のコナ空港の利用法
ハワイ島コハラコーストにあるキングスショップ
のんびりできるリゾートホテル!フェアモントオーキッドハワイ
フェアモントオーキッドハワイの庭園を散策
フェアモントオーキッドハワイでビーチを楽しむ!
神殿が見事!プウコホラ・ヘイアウ国立歴史公園へ行こう!
ハワイアンの漁村を再現!ラパカヒ州立歴史公園へ行こう!
今注目されているハワイアン航空に乗ってみよう
ハワイ島でドライブを快適に楽しむための持ち物
ポロル渓谷で絶景とハイキングを楽しもう!
ハワイ島のカパアウの町とカメハメハ大王像の魅力
ハワイ島のワイメアの町をドライブしよう!
コナ地区のグルメスポット・コナビーチステーキハウスへ行こう!
ヒロ地区の癒しのスポット・アカカ滝を見に行こう!
ロイヤルコナコーヒーミル&ミュージアムへ行こう!
ハワイ島のコナ地区とヒロ地区の違いとは
ロコモコ発祥の店「CAFE100」へ行こう!
ヒロ地区のシンボル・レインボー滝へ行こう
ノスタルジックな町・ハワイ島のヒロを歩く
ハワイ島のナアレフ町とモンキーポッドツリー
ハワイ島のヒロ地区にあるカメハメハ像を見に行こう!
コナ地区のアリイドライブを歩く
キラウエアビジターセンターを活用しよう
ハワイ島のワイピオ渓谷へ行こう
カマカホヌビーチで遊ぼう
ヒロのファーマーズマーケットへ行こう
プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園のティキを見に行こう
ドライブにもおすすめL&Lハワイアンバーベキューを食べよう
黒砂海岸のホヌに会いに行こう