アメリカのおすすめ旅行情報サイト

レンタカーが必須ならではのハワイ島の持ち物

ハワイ島のドライブルート

ハワイ島のドライブルート

ハワイ島コナの溶岩地帯

ハワイ島コナの溶岩地帯

ハワイ島の観光に欠かせないものをいえばレンタカーであり、オアフ島とは異なり、ほとんどタクシーやバスなどが発達をしていないことから、ハワイ島をより楽しむためには車があった方がとても便利といえます。

 

ただしハワイ島はコナのエリアとヒロのエリアでは天候が異なるため、溶岩地帯のコナのエリアの場合にはサングラスと日焼け止めを、雨が多く降るヒロのエリアでは傘が必須となっています。

 

特にサングラスはドライバーのみが必要なものではなく、他の座席に乗っている人達にとっても、かなり直射日光が強く感じられることがあるので、必ずもっていくようにしましょう。

 

またハワイ島はオアフ島よりも天候が変わりやすいため、どんなに晴れていても必ず傘を持っていくようにしましょう。

 

またハワイ島の全体の地図があるととても便利です。

 

ハワイ島でも購入することができ、地図だけであれば5ドル前後で購入できます。

 

特にマイナーな可能スポットであるとカーナビに登録がされていなかったり、誤った道を曲がってしまうとUターンできる場所が少ないため、なかなかもとの道にもどってこられないこともあるので、最新の細かい地図があるととても便利といえます。

 

またハワイ島のビーチはあまり開発されてないところも多く、プライベート感を味わえる一方、少しのんびりとしたいと思ってもビーチチェアのレンタルなどができる場所がなかったりすることもあります。

 

そのためレジャーシートなどを持っていると、木陰をみつけてのんびりと過ごすことができるのでとても便利といえます。

ハワイ島であった方が便利な持ち物とは

雨が多いハワイ島のヒロ

雨が多いハワイ島のヒロ

また場所による温暖の差が激しいのも、ハワイ島の特徴の一つといえます。

 

溶岩地帯のコナ、ハワイ島の最高峰ともいわれるマウナケア、雨の多いコナなど、場所によって激しく気候が異なります。

 

特にマウナケアに行く予定のある人はツアーなどでは防寒具などの貸し出しもしてくれますが、自分自身でもホッカイロ、手袋、ニット帽など日本から持っていくとよいでしょう。

 

またホテルのアメニティはハワイ島のホテルではシャンプーやリンスなどが揃っているところが多いですが、歯ブラシなどがないところもあります。

 

特に公式ホームページではない旅行サイトなどの場合には、アメニティなどは最新の情報にアップデートされていない場合もありますので、よく確認をしてみるのがおすすめといえます。

 

またハワイ島ではオアフ島とは異なり、日本語がほとんど通じません。

 

そのため英語があまり得意ではない人は、電子辞書や会話の本などもっていくのもおすすめといえます。

関連ページ

ハワイ島のカイルア桟橋を歩こう
ハワイ島でコナコーヒー農園巡りをしよう
ハワイ島のセントベネディクトペインテッド教会へ行こう
ハワイ島のコナコーヒーミュージアムへ行こう
ハワイ島のボルケーノハウスホテルに泊まろう
ハワイ島のヒロでビーチを満喫しよう
キラウエア火山のスチーム・ベント
トーマスジャガー博物館とその展望台
キラウエア火山のスチーミングブラフトレイルを歩こう
ドライブにおすすめのチェーンオブクレーターズロード
ハワイ島のアリイドライブ沿いに位置するウォーターフロントロー
ハワイ島とオアフ島のそれぞれの魅力に迫る
フェアモントオーキッドホテルのブラウンズ ビーチハウス
フェアモントオーキッドホテルの「the shops」でショッピングを楽しもう
ドライブにおすすめのヒロのバニヤンドライブ
パワースポットといわれるマウナラニとカラフイプアア・フィッシュポンド
ヒロ湾のココナッツアイランド
ヒロで楽しめるローカルフード
コナインショッピングビレッジの満喫しよう
ハワイ島のシンボル・マウナケアの楽しみ方
マウナラニのヒストリックトレイル
極上の時間を過ごすのに最適なハワイ島のマウナラニリゾート
ハワイ島のおすすめのお土産
コハラコーストの魅力に迫る
コナにあるモクアイカウア教会
アリイドライブ沿いのフリヘエ神殿
アリイドライブ沿いでサンセットを楽しもう
ハワイ島のエビ料理の名店・ババガンプシュリンプカンパニー
ロイヤルコナリゾートホテルに泊まろう