アメリカのおすすめ旅行情報サイト

カウアイ島のシダの洞窟

シダの洞窟へのボート乗り場

シダの洞窟へのボート乗り場

カウアイ島の観光名所のメジャーなものの一つにシダの洞窟とよばれるものがあります。

 

このシダの洞窟とは、かつてハワイ王国の人達が結婚式をあげていた場所であり、とても神聖な場所として知られています。

 

ハワイではシダの洞窟を「Fern Grotto」といい、ワイルア川の上流に位置しています。

 

ここシダの洞窟へアクセスができるのは、スミスファミリーとよばれる船を運営している会社のみの特権となっています。

 

個人ではアクセスができないため、ワイルア川でボートに乗船をして、シダの洞窟に通じる船着き場へとアクセスをするようになっています。

シダの洞窟へのアクセス

シダの洞窟へのボート内の様子

シダの洞窟へのボート内の様子

シダの洞窟に向かうまでの間には船の中では、ハワイらしくフラダンスのショーが行われ、ウクレレや生演奏の歌が響き渡っており、とてものんびりとした雰囲気となっています。

 

カウアイ島の豊かな熱帯雨林を観察したり、船の中でも十分に満喫ができるように工夫がなされています。

 

ボートに乗っていると不思議とカウアイ島の自然の中に溶け込んでいるような気分に浸ることができます。

 

船に乗っている時間は30分ほどですが、あっという間に時間が過ぎてしまい、シダの洞窟の船着き場についてからは歩いて5分ほどでシダの洞窟にアクセスができます。

 

シダの洞窟に到着するとここはかつて結婚式場であったことから、先ほどのスタッフがウェディングの歌を歌ってくれます。

 

またボートに乗れる人数が限られていることから、比較的余裕をもってシダの洞窟を見学することができるのも、魅力の一つといえます。

 

シダの洞窟の課題

シダの洞窟のワイルア川

シダの洞窟のワイルア川

ただし昔のように近くまでシダの洞窟に行けなくなってしまったといいます。

 

これは2006年にカウアイ島で40日間以上にも及ぶ雨が降り続いたため地盤が緩んでしまい洞窟内への見学ができなくなってしまいました。

 

シダの洞窟の前には見晴台が設けられており、ここから眺めることができるようになっています。

 

しかし外観を見るだけでも、どこか神秘的で結婚式場にふさわしい、ハッピーな妖精たちが住んでいそうな雰囲気があります。

 

自然が造り出しているものにも関わらず、どこかロマンティックな空間となっており、ここの見晴台を利用して今でも数多くのカップルが式を挙げています。

 

またシダの数も1992年のハリケーンによって激減してしまい、以前ほどの豊かさはなくなってしまいました。

 

かつてほどになるためには、数百年ともいわれる長い月日が必要であると考えられています。

 

しかしカウアイ島らしい緑豊かな光景は、次の世代へ残したい自然の遺産といえます。