アメリカのおすすめ旅行情報サイト

ラスベガス空港からストリップまで

ラスベガスのストリップ

ラスベガスのストリップ

日本からラスベガスへは直行便はないため米国国内を経由して、ラスベガスのマッキャラン国際空港に到着します。

 

ラスベガスの魅力は空港から一番賑わいをみせるストリップまでが車で約15分ととても近いことです。

 

そのためタクシーを利用してもラスベガスのストリップ周辺までは15ドル、またダウンタウンまでも20ドルととてもリーズナブルな価格帯となっています。

 

またエアポートシャトルといわれる、一定の人数が揃ったら発車するいわゆる乗り合いバスもおすすめです。

 

時刻表はないものの24時間に運行しており、ラスベガスのストリップのホテルまでは、片道5〜7ドル前後が相場となっています。

 

そのため人数が多い方がタクシーの方がリーズナブルになることもあるので、うまく考慮しながらチョイスするのもおすすめです。

バスVSタクシー

ラスベガスのバス

ラスベガスのバス

またラスベガスの観光に欠かせないバスといえば、「DEUCE」とよばれるストリップ大通りを南北に走る2階建てバスがあり、15分〜20分間隔で24時間走行しています。

 

6歳未満は無料となっており、1回券、1日券、3日券、30日券と販売されています。

 

1回券は6ドルですが、二時間有効なためその時間内であれば、何回でも乗り降りができます。

 

また1日券は8ドルで、その日有効なのではなく発行されてから24時間となっているので注意が必要ですが、その分とても有効的に利用できるのでとても魅力的です。

 

またタクシーは初乗りが3.3ドル(2014年4月現在)と比較的リーズナブルなので、バスと距離を見計らいながらうまく利用するのがおすすめです。

公共交通機関を利用する際の盲点

ラスベガスのタクシー

ラスベガスのタクシー

ラスベガスではタクシーやバスで多く走っているので、行きたいカジノやショッピングモールまでも不便を感じることがありません。

 

しかしラスベガスのメインストリートであるストリップはとにかく渋滞が激しく、なかなか進まないことも多いのが少々難点です。

 

またバスはたくさんの乗客が乗り降りするため、時間がかかり、そのような観点からも結果的に歩いた方が早いということも少なくありません。

 

また初乗りが安いタクシーも渋滞にはまってしまうと、その分料金が課金されていくので、値段が高くなってしまうことも多々あるのです。

 

そのため体力のある行きは目的地まで歩いていき、帰りはバスやタクシーに乗って帰ってくるのもおすすめです。

 

また利便性を考えれば公共交通機関もおすすめですが、一度ラスベガスに来たら昼と夜と二度ストリップを歩いてみることをおすすめします。

 

時間帯によって、昼間は豪華絢爛なそれぞれのホテルの外観をみることができ、夜はライトアップされたとても華やかなまさにラスベガスの活気を感じることができるからです。

関連ページ

イタリアのベニスをテーマしたベネチアンホテル
アメリカ横断!ロサンゼルスからラスベガスまでドライブしよう!
感動的!ベラージオホテル前の噴水ショー
ラスベガスプレミアムアウトレットへ行こう!
ラスベガスのミラージュに泊ろう!
ラスベガスのショッピングセンター・フォーラムショップスへ行こう!
ラスベガスでのカジノの楽しみ方
ラスベガスのグルメスポット「SUSHI ROKU」へ行こう!
ラスベガスを満喫するためのコツ
フラミンゴ・ラスベガスに泊まろう!
ハラーズホテルアンドカジノラスベガスに泊まろう
ヴェネチアンホテルのショッピングモールを楽しもう
ラスベガスのシーザーパレスホテルに泊ろう
ラスベガスのTI(トレジャーアイランド)に泊まろう
パリスラスベガスに泊まろう
ヴェネチアンホテルのゴンドラに乗ろう
バリーズラスベガスに泊まろう
パラッツォリゾートホテルカジノに泊まろう
映画好きの方におすすめプラネットハリウッドリゾート&カジノ
ラスベガスの高級ホテル・ウィンラスベガス
アリゾナ州とネバダ州の境にあるフーバーダム
ラスベガスでおすすめのお土産
ラスベガスのザクアッドリゾートアンドカジノ
ラスベガスのストリップ通りを歩こう
ラグジュアリーホテルとして注目されているザコスモポリタンオブラスベガス
美しい景色を楽しめるラスベガスのエッフェル塔
マッカラン国際空港からラスベガスのアクセス
チャイニーズフードが人気のパンダエクスプレス
ラスベガスのショーの楽しみ方