アメリカのおすすめ旅行情報サイト

ラスベガスのショー「ジュビリー(JUBILEE )」

ラスベガスを訪れたらショーを楽しむのもメジャーな観光の一つですが、中でも多くの観光客から支持を受けているショー施設に「ジュビリー(JUBILEE )」とよばれるものあります。

 

ジュビリーは1981年にオープンし、そのクラシカルな赤い席と比較的小規模な造りが、どこか懐かしさと親しみやすさを覚えるものです。

 

ジュビリーはベラッジオホテルから、徒歩3分の場所に位置しており、18歳以上の入場制限が設けられています。

ジュビリーのロングランのショー

ラスベガスのジュビリー

ラスベガスのジュビリー

ジュビリーのショーの中でも雑誌の読者投票で「ベスト・ショーガール」にも選ばれたこことのある、目玉ともいえるロングランのショーがあります。

 

それはちょっとセクシーなショーで50名のトップレスダンサーから構成されており、連日満席になるとほどの人気のショーとなっています。

 

セクシーといってもいかがわしいショーではなく、大人のショーを楽しめるような和やかな雰囲気に包まれています。

 

まさにラスベガスにきたらそれに相応しい豪華なショーを楽しみたいという方には、とてもおすすめのショーといえるでしょう。

 

また英語が分からなくても雰囲気だけでも十分にショーを楽しむことができます。

 

ジュビリーのショーのチケットは座席にもよりますが、60〜110ドル前後が相場となっていますが、よりその迫力を楽しむのには60ドルの席だとやや満足度に欠けますが、所要時間は2時間程度となっています。

豪華な演出が人気

出演者たちは巨大な羽根飾り付きの豪華絢爛な衣装をまとい、迫力のダンスを繰り広げます。

 

コスチュームだけでなく、タイタニック号が沈む光景を再現したステージセットも豪華も見逃せません。

 

オープニングでの華やかなトップレスダンスのあとは、アクロバットやイリュージョンなど、レベルの高いパフォーマンスが続き、飽きることなく楽しむことができます。

 

ダンサーの身長もそれぞれ見事に揃っており、スリムで足の長い体型も、まさにプロダンサーとしての魅力を感じるものです。

 

足が上がる高さまでもが見事に揃っており、アクロバット的な人間を超越したアクションは、とても迫力があります。

 

エンディングになれば、全ての出演者が勢ぞろいをして大盛況をなります。

 

特にこのショーの名シーンとして知られているのが、ミュージカル風の演出によるタイタニック号の沈没シーンであり、映画とは異なる魅力を感じることができます。

 

まさにステージならでは見応えがあり、飽きることなく楽しむことができ、ショーを見終わった後にはまるで自分の空を舞うことができるかのような軽やかさが、とても心に深く刻まれるショーといえるでしょう。