アメリカのおすすめ旅行情報サイト

ロサンゼルスカウンティ美術館(LACMA)とは

ロサンゼルスカウンティ美術館

ロサンゼルスカウンティ美術館

ロサンゼルスのウィルシャー大通りにあるにあるロサンゼルスカウンティ美術館、通称「LACMA」は、約25万点の美術品を収蔵する、アメリカ西海岸最大規模の美術館です。

 

全米を中心としたアーティストたちの作品がたくさん飾られており、総展示面積は70万平方フィートに及び、10万点を超える芸術作品が展示されています。

 

マティス、シャガール、カンディンスキー、ピカソなどの有名どころの作品がたくさん収蔵されています。

 

また日本美術作品のコーナーもあり、葛飾北斎などの作品もずらりと展示されています。

 

雨の日のロサンゼルスの観光スポットとしてもとてもおすすめの場所です。

 

美術館内部は激しい交通が行き交うウィルシャー大通りの喧騒を忘れさせてくれるほど、とても静かな雰囲気が漂っており、ゆっくりとした時間を過ごすことができます。

ロサンゼルスカウンティ美術館(LACMA)のハイライト

建物は9つから構成されており、一日かけてゆっくり楽しみたいアートを感じる空間となっています。

 

一番のメインの建物である「Armanson Building」には、アメリカ美術がたくさんコレクションされています。

 

特にここのハイライトは、ジョージアオキーフの「Horse's Skull with Pink Rose」であり、必見となっています。

 

また2階には、バロック絵画から印象派までの作品が並び、ルノワール、セザンヌ、モネなどの作品を鑑賞することができます。

 

ここロサンゼルスカウンティ美術館は、それぞれの建物がテーマごとにわかれているため、とても見やすい印象であり、野外展示では特別展など期間限定のアートを楽しむことができます。

ロサンゼルスカウンティ美術館(LACMA)をより楽しむために

ロサンゼルスカウンティ美術館は週末ともなれば、地元アメリカの人も多く訪れる場所であり、駐車場が満車になってしまうこともあるので、できれば午前中の早い時間帯に訪れるのがおすすめです。

 

満車の場合にはロサンゼルスカウンティ美術館近くに住宅街の中のパーキングにも駐車することが可能となっています。

 

また美術館内は案内図や順路などがあまり詳しくでていないため、重要な作品を見落としがちになってしまうことも多々あるので、美術館に興味のある方はあらかじめ、ある程度予習をしていくのがおすすめです。

 

また美術館の前の公園では時折コンサートが開催されており、地元アメリカの人達はピクニック気分でランチを楽しみながら、盛り上がりを見せている光景は、いかにもアメリカらしい光景を見ることができます。

 

また通常の入場料は15ドルですが、毎月第二火曜日が無料で開放されているので、とても狙い目です。

関連ページ

絶景が楽しめるダナポイントとメキシカン料理「Olamendi's Mexican Restaurant」へ行こう!
ロサンゼルスで話題のショップ&カフェ「Fred Segal」
ロサンゼルスのダウンタウンにあるザスタンダードホテルに泊まろう!
ロサンゼルス空港(LAX)の交通情報
サンタモニカでビーチを楽しもう!
UCLAのキャンパスを歩こう!
ロサンゼルスのダウンタウンを歩く
海沿いのレストランムーンシャドウマリブ(Moon Shadows Malibu)に行こう
羽田空港国際ターミナルの江戸小路を堪能しよう
カリフォルニアの海岸線をドライブしよう
ロサンゼルス郊外のお洒落なエリア・マリブへ行こう
ロサンゼルスのガラスの教会「ウェイフェアチャペル(Wayfarers Chapel)」へ行こう
ロサンゼルスのHinoki and the Bird でグルメを楽しむ
ロサンゼルスのドジャースタジアムへ行こう
ロサンゼルスのベニスビーチを楽しもう
ロサンゼルスのハリウッドの町を歩く
ロングビーチのクイーンメリー号を楽しもう
ロサンゼルスのビバリーヒルズの町を歩こう
お洒落なパン屋さん・Pandor Artisan Boulangerie & Cafe
ニューポートビーチのペリカンヒル
ロサンゼルスでゲッティセンターで美術を鑑賞しよう
お洒落なホテル・モンドリアンウエストハリウッド
SUR Restaurant and Barへ行こう
ロサンゼルスからサンタカタリナ島へのアクセス方法
ロサンゼルスでドライブを楽しむコツ
ロサンゼルスのバスの乗り方
サンタモニカの人気のショッピングスポット・サンタモニカプレイス
サンタモニカピアのパシフィックパークを楽しもう
ロサンゼルスでおすすめのお土産