アメリカのおすすめ旅行情報サイト

ロサンゼルスのクリスピークリームドーナツ

ロサンゼルスのクリスピークリームドーナツ

ロサンゼルスのクリスピークリームドーナツ

日本で爆発的な人気のあるクリスピークリームドーナツは、ロサンゼルスでは並ぶことなく楽しむことができるのはとても魅力的です。

 

ロサンゼルスにはCrenshaw Boulevard通り沿いにある「Los Angeles」、Wilshire Blvd通り沿いにある「Santa Monica」、North Victory Place通り沿いにある「Burbank」、Artesia Boulevard通り沿いにある「Gardena」などにお店を展開しています。

 

アメリカにはいくつかのドーナッツチェーンが存在しており、ダンキンドーナツ、ティム・ホートンズ、ウィンチェルズなど、アメリカのエリアによって展開しているショップが異なりますが、中でも近年注目されているドーナッツショップがクリスピークリームドーナツです。

 

アメリカでは1996年のニューヨーク1号店にはじまり、1999年のカリフォルニアで最初のストアオープンへと全土に展開を本格化させました。

 

日本では繁華街などの多くショップを展開しているクリスピークリームドーナツですが、ロサンゼルスでは大通り沿いのドライブインのような、大きな駐車場付の店舗も多くみかけます。

ロサンゼルスと日本の違いとは

クリスピークリームドーナツ

クリスピークリームドーナツ

持ち帰り用の箱のドーナッツ

持ち帰り用の箱のドーナッツ

クリスピークリームドーナツは、いわゆるアメリカのチェーン店のベタベタしている濃厚なドーナツとは異なります。

 

フレンチクルーラーのようなでもなく、ドーナッツのまわりはカリカリとしており、ふんわりやわらかいドーナツが人気となっています。

 

やはり甘党な人が多いアメリカ人の味覚にはとてもぴったりな印象です。

 

クリスピークリームドーナツのオリジナルレシピは未だに創業以来企業秘密となっており、生地の「ふわふわ・しっとり感」はまさにここクリスピークリームドーナツの人気の所以といえます。

 

日本とは基本的に販売しているドーナッツの種類は同じですが、ロサンゼルスではテナント料金の影響を受けているためか、店舗によって少しずつ金額が異なり郊外に行くほどリーズナブルになる傾向があります。

 

それでもクリスピークリームドーナツの金額は、日本よりも全体的に3〜4割程度リーズナブルな傾向にあり80セント前後で購入できるものもあります。

 

ディスプレイの仕方は基本的には日本と同じようにトレーに載せられており、まとめて購入できる箱買いのセットもあります。

 

また日本と同じく工場見学のようにドーナッツが作られていく行程をガラス張りの窓から覗くことができるようになっている店舗もあり、アメリカの子供たちも目をくぎ付けにしてその光景を楽しんでいます。

 

またロサンゼルスではコンビニエンスストアのような場所でも、さりげなくクリスピークリームドーナツが販売されていることもあります。

 

まさにアメリカ人にとってみればパンを購入するような感覚で、とても身近な食べ物であることが理解できるものです。