アメリカのおすすめ旅行情報サイト

マアラエア港のマウイオーシャンセンター水族館

マアラエア港のマウイオーシャンセンター水族館

マアラエア港のマウイオーシャンセンター水族館

マウイオーシャンセンター水族館は、マアラエア港のすぐ近くにあり、空港からラハイナにアクセスする途中に位置しているので、ちょっとした時間の有効活用にもおすすめの観光スポットです。

 

マアラエア港はたくさんのホエールウォッチングやシュノーケリングのツアーの出発する賑わいのある港として知られており、港からの帰り道に立ち寄ってみるのもおすすめの場所です。

 

マウイオーシャンセンターはハワイ州の中でも最大規模の水族館であり、マウイ島に唯一存在する水族館です。

 

園内はハワイ最大規模とはいえ、さほど大きくはないので1〜2時間もあれば十分に満喫することができます。

 

入館料は大人が25ドル、3歳〜12歳は18ドル、65歳以上は22ドルと少し高めな印象ですが、ハワイの近海に生息する魚たちのことを知るのにはとてもおすすめの場所です。

マウイオーシャンセンター水族館を満喫しよう

アンダーウォータージャーニー

アンダーウォータージャーニー

ここマウイオーシャンセンターの最大のハイライトといえるのが、水槽の中を潜り抜けすることができるアンダーウォータージャーニーとよばれるエリアです。

 

水に濡れることなく海中散歩を楽しむことができ、約2000匹にも及ぶハワイのカラフルな熱帯魚やサメたちを間近でもみることができます。

 

特に天井エリアはエイがよく好んで行く場所であることから、ガラスにぴったりとくっついている様子は、どこかのんびりとしていていいものです。

 

このエリアは家族旅行にも人気の場所であり、日本ではなかなか見かけることのできないハワイならではの魚もたくさん生息しています。

 

またマウイオーシャンセンターの近くの港からホエールウォッチングのツアーがよく開催されていることから、「海洋哺乳類ディスカバリーセンター」も併設されています。

 

ここではマウイ島の周辺の海でよく見ることの出来るザトウクジラの生態について詳しく紹介しています。

 

クジラの泳ぐスピードやクジラの赤ちゃんが一日に飲むミルクの量など、子供でも楽しめる内容となっているので、とても親しみが持てる内容となっています。

充実した施設を誇るマウイオーシャンセンター水族館

マウイオーシャンセンター水族館のレストラン

マウイオーシャンセンター水族館のレストラン

その他にもハワイの珊瑚礁を再現した「リビングリーフ」、ヒトデやウニを触らせてくれる「タッチプール」、絶滅危惧種の「アオウミガメのプール」などたくさんコーナーが充実しています。

 

またレストランやギフトショップなども充実しており、シーフードを中心としたレストランは、マウイ島のマアラエア港を見渡すことができる絶好のロケーションを誇っています。

 

お土産ショップでは他のハワイのギフトショップではなかなか見かけることのない、クジラをモチーフとしたユニークなグッズも豊富に揃っているので、マウイ島のお土産にも最適です。