アメリカのおすすめ旅行情報サイト

マウイ島のマアラエア港

マウイ島のマアラエア港

マウイ島のマアラエア港

マウイオーシャンセンター

マウイオーシャンセンター

マウイ島のマアラエア港へアクセスは、マウイ島の玄関口であるカフルイ空港から車で380号線を走って、わずか20分でアクセスすることができる港です。

 

マアラエア港周辺にはショッピングセンター、レストランなどが次々にオープンしており、とても賑やかな雰囲気があります。

 

またマウイ島屈指の水族館であるマウイオーシャンセンターも、ここマアラエア港のすぐ目の前に位置しており、水族館からはマアラエア港を見渡すことができるようになっており、どこか開放感溢れる雰囲気があるのも、ここマアラエア港の魅力といえます。

 

また今注目されているのが水族館のすぐ横に近年新しくオープンした、マアラエアハーバービレッジとよばれるショッピングセンターです。

 

いわゆるハイブランドは入っていませんが、港にあるショッピングセンターだけあって海をモチーフとした個性的なアイテムが揃っているショップが充実しています。

 

サーフショップ、ハワイアンメイドの雑貨、ハワイアンジュエリーなどが約15店舗ほど入っています。

 

まさにハワイらしいお土産を購入するのにも、とてもおすすめです。

たくさんのオプショナルツアーが発着するマアラエア港

マアラエア港は南マウイ地区の船を利用したアクティビティの発着場でもあり、たくさんの船が停泊している光景がとても印象的です。

 

モロキニ島へのクルーズ、シュノーケリング、フィッシングなどの他、冬にはホエールウォッチングを楽しむこともできる船も行き交う港です。

 

特にダイビングやシュノーケリングの人気のモロキニ島までは、マアラエア港から約40分間のクルージングでアクセスすることができ、とても人気となっています。

 

またマアラエア港の近くには、カジュアルに楽しむことができるレストランもとても充実しています。

 

「Beach Bums Bar & Grill」はオープンテラス席もある開放感のあるレストランであり、ハンバーガー、パスタ、サラダなどが10ドル前後で楽しめるリーズナブルなレストランです。

 

港のエリアのレストランは地元の人向けのレストランも多く、値段も全体的にリーズナブルな価格帯となっているのも、とても嬉しいものです。

釣りのメッカとしても知られているマアラエア港

またマアラエア港では釣りなどを楽しんでいる人達もたくさん見かけます。

 

大半はハワイのローカルな人達ですが、初心者でも楽しめる雰囲気があります。

 

釣り道具はロングスドラッグスやスポーツオーソリティーなど、現地でも手に入れられるほか、レンタルショップなどもあります。

 

ただしたくさんの道具があるので、まずは地元の人達にマアラエア港に適している道具を教えてもらって、釣りを楽しむのがとてもおすすめです。