アメリカのおすすめ旅行情報サイト

マウイ島のハレアカラ国立公園

ハレアカラ国立公園のビジターセンター

ハレアカラ国立公園のビジターセンター

ハワイ語でハレアカラとは「太陽の家」を意味しており、1790年の噴火を最後に、現在は休火山となっていますが、マウイ島最大の観光名所として親しまれています。

 

標高は3055メートルとなっており、巨大な噴火口の後であるハレアカラ・クレーターはまさにこの地球上のものとは思えないほどに、壮大スケールを誇っています。

 

直径は約11キロ、深さ800メートルにも及び、クレーターの中には11個の噴石丘が存在しています。

 

ここハレアカラ国立公園は、ハリウッド映画の「2001年宇宙の旅」のロケ地にも使われたこともあり、まさに宇宙を感じることができるのも、ここハレアカラ国立公園の魅力といえます。

 

ハレアカラ国立公園へは、オプショナルツアーでも参加できますが、個人的にもレンタカーがあればアクセスが可能となっており、比較的気軽に訪れることができます。

 

ハレアカラ国立公園へのアクセス

ハレアカラ国立公園へのアクセス

ハレアカラ国立公園へのアクセス

ハレアカラ国立公園の山頂には、377号線でそのままダイレクトにアクセスができ、道も比較的舗装されているので、個人的にも比較的簡単にアクセスすることができます。

 

頂上まで行かなくても途中にビューポイントがいくつかあるので、そこで折り返すことも可能となっています。

 

ただし特に日の出や日の入りの時間帯は混雑がしやすく、真っ暗の中渋滞に巻き込まれる可能性もあるので、注意が必要です。

 

また自転車で山頂を目指している人や、山頂から下ってくる人達も多くいるので、車の運転には十分に気を付けるようにしましょう。

 

頂上にはビジターセンターがあり、大きな駐車場が併設されており、きれいなお手洗も完備されています。

 

ハレアカラの歴史に関する展示物やギフトショップなども併設されています。そしてビジターセンターからら歩いて10分ほど行くと頂上にアクセスができます。

 

ハレアカラ国立公園の入場料は車1台につき10ドルとなっており、3日間有効のため、時間に余裕のある方は別の時間帯に訪れてみるのもおすすめです。

ハレアカラ国立公園の美しい景色

ハレアカラ国立公園の美しい景色

ハレアカラ国立公園の美しい景色

頂上からの景色はまるでSF映画の中のような美しい景色を見渡すことができます。

 

ところどころボコボコと小さな山があって、とても神秘的な光景となっています。

 

また日没後には満点の星空を眺めることもできます。

 

また天気のよい日には遠くハワイ島のマウナケア山をも見ることができます。

 

町の光が少ないことから、空がとても澄んでおり、満点の星空や流れ星などを見ることができます。

 

またたくさんの虹を見ることができるのも、ここハレアカラ国立公園の魅力ともいえます。

 

ただし頂上付近は麓との気温の差が激しいため、しっかりと上着や手袋、温かい飲み物を持っていくようにしましょう。

 

また頂上付近は非常に風が強く吹いているので、身の回りのものを飛ばされないように注意しましょう。