アメリカのおすすめ旅行情報サイト

マウイオニオンの産地・クラ高原

マウイ島のクラ高原

マウイ島のクラ高原

ハワイは自然豊かな大地であり、それであるからこそコーヒーやフルーツなどの特産物がたくさんありますが、中でもマウイ島の特産物として知られているのがマウイオニオンです。

 

マウイオニオンはマウイ島のハレアカラ山の西の山麓、主にクラ高原などで生産されているオニオンです。

 

クラ高原は標高500〜1,100メートルの場所に位置しており、町の中心部は標高900メートルのところにあります。

 

高原にはさわやかな風が吹き抜け、肥沃な土地はまさにマウイオニオンの育てるのにはとても適したエリアです。

 

マウイオニオン以外にも、野菜、フルーツ、砂糖キビ、切り花などのほか、酪農なども盛んに行われており、ドライブをしているとその自然豊かな恵みが実感することができます。

マウイオニオンを楽しもう

そんな中もっとも有名な農作物はマウイオニオンですが、タマネギは甘みが強くしっかりとした歯ごたえがとても人気となっています。

 

特に生で食べてもその甘みがしっかりと感じられるのはマウイオニオンならではの魅力といえます。

 

マウイオニオンは他のタマネギと区別されており、高級なタマネギとして親しまれています。

 

値段も高いですがマウイ島ではそんなマウイオニオンを使ったメニューが豊富にあり、クラ高原のレストランで楽しんでみるのもよいでしょう。

 

マウイオニオンを使ったハンバーガーやオニオンリングなどの他、オニオンスープなどもメジャーな楽しみ方として知られています。

 

マウイ島には年に1度「マウイオニオンフェスティバル」とよばれるお祭りが開催されており、カアナパリのホエラーズ・ビレッジとよばれる場所で初夏に開催される、まさにマウイ島屈指のイベントとしてしられています。

 

入場料は無料となっており、マウイオニオンを使ったアイディア料理がずらりと並べられているので、まさにオニオンを使ったB級グルメを楽しむのには、とてもおすすめのイベントといえます。

 

また実際にマウイオニオンを日本に持ち帰ることは難しいため、マウイオニオンを使ったお土産を探してみるのも、マウイ島ならではの醍醐味といえます。

 

マウイオニオンのドレッシング、ポテトチップスなどの他、ハワイらしいマカダミアナッツのフレーバーにも使われています。

 

また中にはユニークなマウイオニオンの塩味も販売されています。

 

また獲れたてのマウイオニオンと同じような味わいが楽しめるのが、マウイオニオンの酢漬けがおすすめです。

 

ハンバーガー、サンドイッチ、グリル料理などに利用することができ、しっかりとした瓶詰となっているためお土産としても安心して、持ち帰ることができます。