アメリカのおすすめ旅行情報サイト

自由の女神の鎮座するリバティ島へのアクセス

リバティ島へのフェリー

リバティ島へのフェリー

マンハッタンから見た自由の女神

マンハッタンから見た自由の女神

自由の女神が鎮座するリバティ島は、ニューヨークのもっともメジャーな観光スポットとして親しまれており、定番の観光スポットとなっています。

 

リバティ島へのアクセスはマンハッタンの南にある川沿いに面しているバッテリーパークから、フェリーでアクセスすることができます。

 

フェリーのチケットは当日でも購入可能ですが、オプショナルツアーなどを利用すれば、並ぶ必要もなく比較的スムーズに観光を楽しむことができます。

 

バッテリーパークからは自由の女神ははっきりと見えるほど、非常に近い距離に位置しています。

 

フェリーに乗ってから約15分でリバティ島にアクセスができます。

 

時間のない方は、フェリーから自由の女神を眺めるのもおすすめですが、時間があればリバティ島に上陸してみるのもおすすめといえます。

リバティ島を楽しもう

自由の女神とリバティ島

自由の女神とリバティ島

リバティ島に上陸してから自由の女神へアクセスは、桟橋を渡ってすぐのところに位置しています。

 

そのまま歩いていくとまず見えてくるのが、自由の女神の後ろ姿です。なかなかこの角度から見えることが少ないため、まさに記念撮影をするのには最適なアングルといえます。

 

また自由の女神の像に中には入ることはできませんが、女神像の台座部は観光客でも入ることができます。

 

この台座部には展望台が設けられているので、自由の女神の構造を内側から観察することができたり、ニューヨークの高層ビル群が並ぶマンハッタンを一望することができます。

 

ただしこの台座への入場は事前の予約制となっているため、フェリーチケットを購入する際に、一緒に予約をしておく必要があります。

 

ここリバティ島に上陸することで、またマンハッタンから遠目に見る角度とは異なり、より迫力のある自由の女神と触れ合うことができるのは、ここリバティ島の魅力ともいえます。

 

リバティ島には適度な緑もあり、プチリゾート気分を味わうことができます。

 

ベンチなどがあるので、軽食などを持ち込んで、マンハッタンの景色や自由の女神を見ながら、ピクニック気分を楽しむことができます。

 

またリバティ島はさほど大きくはないので、30〜40分もあれば十分に観光を楽しむことができます。

 

またお土産ショップが充実しているのも、魅力の一つといえます。

 

もちろんリバティ島には、自由の女神をモチーフとしたお土産ショップが充実しており、ニューヨークの街中で購入するよりも種類が充実しています。

 

ニューヨークのお土産を探すのにもとてもおすすめといえます。

関連ページ

ハドソン川沿いのカフェ・Boat Basin Cafe
ニューヨーカーの都会のオアシス・セントラルパーク
ニューヨークでショッピングを楽しむコツ
ニューヨークらしいお土産の見つけ方
フェリーに乗って自由の女神へ行こう
観光に便利なルネッサンスニューヨークタイムズスクエアホテル
セントラルパークと5番街を臨むプラザホテル
子供たちに人気のセントラルパークの動物園
コスメや香水が人気のショッピングスポット「Perfumania」
B級グルメを楽しめるニューヨークの屋台
ニューヨークの3つの空港の違い
ニューヨークのタクシー事情
ブロードウェイでのミュージカルの楽しみ方
マンハッタンの最南端にある公園「バッテリーパーク」
大仏に出会えるアジアンレストラン「TAO」
マンハッタンとニュージャージを結ぶパストレイン
ニューヨークの美術館を賢く巡る方法
ロウワーマンハッタンエリアの歩き方
ニューヨークでストリートパフォーマーを楽しむ
ニューヨーク大学のキャンパスを歩く
カップケーキの名門店「マグノリアベーカリー」
タイムズスクエアにあるM&M
ニューヨークの市バスの乗り方
ジョン・F・ケネディ空港からニューヨーク市内へのアクセス
タイムズスクエアのハードロックカフ
ニューヨークのミッドタウンエリアの歩き方
ニューヨークシティパスで行ける6つの観光スポット
ニューヨークでハローウィンを楽しもう
チョコレートの名店・ハーシーズタイムズスクエア