アメリカのおすすめ旅行情報サイト

ニューヨークの紅葉

ニューヨークの紅葉

ニューヨークの紅葉

アメリカのニューヨークは、日本の東京と比べると都会としては一足早く、10月下旬くらいから紅葉を楽しむことができます。

 

真冬のニューヨークは日本の東京よりもはるかに気温が寒いですが、まだ本格的な寒さが訪れる前だからこそ、秋のニューヨークはとてもおすすめといえます。

 

芸術の秋に相応しいイベントも多数開催されており、一層ニューヨークの観光を楽しむことができます。

 

11月のはじめころになると最高気温が10度くらいになり、コートは必須となってきます。

 

しかしそれとはひきかえに、ニューヨークではあちらこちらに秋の便りが届きはじめ、都会的なニューヨーク以外の魅力にもたくさん気づくことができるシーズンの到来といえます。

 

紅葉に一番人気のセントラルパーク 

紅葉に一番人気のセントラルパーク 

紅葉に一番人気のセントラルパーク

 

特にもっとも美しい紅葉を楽しむことができるのは、ニューヨークのセントラルパークです。

 

広大なセントラルパークには赤、オレンジ、黄色に染まったたくさんの木々が色付き、歩いているだけでもとても気持ちがよく、散策するにはとてもおすすめといえます。

 

またセントラルパークにある池にもその色付いた木々が、線対称に映し出されており、ニューヨーカーがあちらこちらで「Beautiful」とつぶやいている声を耳にすることができます。

ニューヨークで紅葉を楽しめる観光スポット

ニューヨーク郊外のアウトレットの紅葉

ニューヨーク郊外のアウトレットの紅葉

またセントラルパークはとてもメジャーな紅葉スポットとして知られていますが、実は少しマイナーな紅葉スポットもあり、それがニュージャージーとハドソンリバーを展望できる公園で「フォートトライオンパーク」とよばれる公園です。

 

メトロポリタン美術館の近くに位置しており、マンハッタンで一番高い位置にある公園として知られています。

 

そのため壮大なスケールの景色を一望することができ、一面に広がる紅葉を楽しむことができるのも、その魅力の一つといえます。

 

またもう一つマンハッタンの北端にある公園で、「インウッドヒルパーク」とよばれる公園があります。

 

ここは観光客があまり多くはないことから、森のような静かさがあるのがその魅力といえます。

 

見かけるのはほとんどがローカルな人たちばかりであり、のんびりとした時間が流れています。

 

しかしその分じっくりと紅葉を楽しむことができるのが何よりの魅力です。

 

自然の木々がそのままなぎ倒されたようなところが残されていたり、たくさんの小鳥のさえずりが聞こえてきたりと、一層紅葉のシーズンを楽しませてくれる穴場なスポットといえます。