アメリカのおすすめ旅行情報サイト

ニューヨークの両替事情

ニューヨークはアメリカ本土の中でも物価が高いため、賢く両替をしてお得に旅を楽しみたいものですが、両替できる場所はたくさんあります。

 

一般的によく知られているのが、空港、銀行、町中の両替所となっています。

 

大型ホテルでも両替できることが多いですが、基本的には宿泊者のみを対象としていることが多く、また一定以上の金額ではないと両替に応じてくれないところもあります。

 

その上ホテルのレートはあまりよくないので、本当に必要となったときに両替するようにし、メインに利用するのはあまり有効的とはいえません。

 

また銀行は日本と同じく朝9時〜15時まで営業していますが、両替の手数料が日本よりも高く設定されていることが多いです。

 

またニューヨークは世界の経済の中心とよばれていたり、ウォール街などがあるにも関わらずいわゆる両替所とよばれるところは街中にはあまり多くはありません。

 

中でも両替所が比較的多いといわれているのは、タイムズスクエアなどのブロードウェイのエリアであり、「TRAVELEX」とよばれる両替所が数店舗あります。

 

ただしATM (現金自動支払機) は、ニューヨークの街中に多くありますので、クレジットカードがあればアメリカドルを引き出すことができ、24時間対応しているところも多いのでとても便利といえます。

 

総じて言えば、ニューヨークではあまり両替のレートがよいとはいえません。

 

そのため日本で両替をしていった方がレートがよかったということも多々ありますので、できれば日本で両替をある程度していくのがおすすめといえます。

クレジットカードと現金を賢く使い分けよう

しかしながらいくらかかるか分からない滞在費を、日本で多く両替しすぎてしまうと手元に予想外に多くのドルが残ってしまうことにもなりかねません。

 

そこでおすすめなのがアメリカはクレジット大国であり、現金とクレジットカードをうまく併用するのが、とてもお得といえます。

 

日本ではコンビニエンスストアやファストフードなどでクレジットカードを使う習慣はあまりありませんが、アメリカではごく一般的なこととして親しまれています。

 

そのためクレジットカードで支払えるものはクレジットカードですべて支払って、チップなど現金でしか利用できないものは、現金を使うようにするとよいでしょう。

 

クレジットカードはビザ、マスターカードがもっともよく使われています。

 

JCBカードは比較的日本人観光客が多いところであれば利用することができますが、高級店などになるとアメックスのみとなっているところも多いので注意するようにしましょう。