アメリカのおすすめ旅行情報サイト

ニューヨークのメトロポリタン美術館

ニューヨークのメトロポリタン美術館の外観

ニューヨークのメトロポリタン美術館の外観

ニューヨークは美術館の宝庫といわれるほどに、たくさんの美術館があります。

 

中でも一日かけてゆっくりと楽しみたい美術館といえば、メトロポリタン美術館があげられます。

 

ここニューヨークのメトロポリタン美術館は、ロンドンの大英博物館、パリのルーブル美術館と並んで、世界三大美術館の一つに数えられています。

 

メトロポリタン美術館の建物は1870年に建てられたものですが、その外観をみているだけでもとても重厚が感じられる造りとなっており、まさにニューヨークを代表する美術館といえます。

 

美術館にコレクションされている作品の数はなんと300万点以上にも及び、その全てをじっくりと楽しむには、まさに一日かけて楽しみたい美術館といえるでしょう。

 

メトロポリタン美術館には、古今東西あらゆる時代や地域によって展示がわかれており、そのコレクションの多さはもちろんのこと、その時代やその国にいるかのような展示の仕方はとても迫力があります。

 

まさに世界中を旅しているような気分を味わうことができます。

 

さほど美術に詳しくない人であってもその巧みな展示の仕方は、奥深い美術の魅力を楽しませてくれます。

 

また美術館ではカメラの撮影は許可されていますが、フラッシュ撮影は禁止されているので注意するようにしましょう。

 

メトロポリタン美術館をより楽しむために

メトロポリタン美術館のインフォメーションセンター

メトロポリタン美術館のインフォメーションセンター

ニューヨークのメトロポリタン美術館は開館前には、常に行列ができるほどの人気があるので、しっかりと時間に余裕を持って訪れるようにおすすめです。

 

また時間があまりない場合には、事前にみたい作品がどこにあるのかを調べておくのもよいでしょう。

 

入場の入り口では日本語のパンフレットをもらうことができるので、しっかりと作品を理解するのには必須となっています。

 

また効率的に見て回るには、日本語にも対応しているボランティアガイドツアーに申し込みをして楽しむのもとてもおすすめです。

 

また美術館の鑑賞とはいえ、とにかく館内は広いため歩きやすい靴を履いていくのがおすすめといえます。

 

また美術館にあるギフトショップでは、メトロポリタン美術館に展示されている作品をモチーフとしたアイテムがずらりと販売されており、ここでしか購入できないお土産もたくさん販売されています。

 

また美術館の地下にはレストランもあり、好きなおかずやメインをチョイスして、合計金額を支払う仕組みとなっています。

 

カジュアルに楽しめるので、美術の鑑賞の合間の休憩場所にもとてもおすすめです。