アメリカのおすすめ旅行情報サイト

ワイキキビーチとクヒオビーチの違い

クヒオビーチ

クヒオビーチ

ワイキキビーチよりものんびり過ごせる雰囲気があり、のどかな空気が流れているのが、ワイキキビーチの隣にあるクヒオビーチです。

 

モアアナサーフライダーホテル周辺から、カパフル通りと平行してビーチがあり、景色を楽しむのにもとてもおすすめのビーチです。

 

特に朝の時間帯はとても静かな雰囲気あり、のんびりと散歩をして過ごしたり、ジョギングなどを楽しむのにもとてもおすすめです。

 

ただしクヒオビーチからはダイヤモンドヘッドを見ることはできないため、ダイヤモンドヘッドを楽しみたい方はワイキキビーチの方がより間近で迫力ある景色を楽しむことができます。

 

クヒオビーチ周辺には、ホノルル動物園や水族館などもあり、海水浴が目的ではなく、アクセスする途中にビーチ沿いを歩いてみるのもとてもおすすめです。

 

クヒオビーチには日陰もあるので、読書をしたり、昼寝をしたりするのにもとても心地よい場所といえます。

クヒオビーチの魅力

クヒオビーチの前にはジューススタンドがあり、少し歩けばABCストアなどもあるので、ビーチを楽しんでいる間のちょっとした買い出しにもとても便利です。

 

またビーチでは防波堤があるので、波がとても穏やかなため、家族連れでも楽しむことができます。

 

あまり透明度は高くないため、シュノーケリングにはあまり適していない印象ですが、それでも時々カラフルな魚たちを肉眼で確認することができます。

 

また高波があるので、あまりサーフィンには適していません。

 

ビーチにはトイレやシャワー、ライフガードも常駐しており、比較的治安もよいので、とても安心できます。

無料で楽しめるクヒオビーチトーチライティング&フラショー

クヒオビーチにあるたくさんのヤシの木

クヒオビーチにあるたくさんのヤシの木

またクヒオビーチの名物として親しまれているのが、クヒオビーチトーチライティング&フラショーで、誰でも無料で参加することができます。

 

無料とはいえとても完成度が高く、非常に見応えがあります。

 

特に炎を使ったショーはダイナミックで、日没後のやや薄暗い空の下にとてもよく映えています。

 

フラショーは、火、木、土、日曜の18時半から19時半開催されており、曜日によって少しずつ異なる内容のショーを楽しむことができます。

 

ただしかなり近い場所を確保したい場合には、ショーがはじまる1時間ほどの前には、クヒオビーチにつくようにするのがおすすめであり、その方がより迫力あるショーを楽しむことができます。

関連ページ

ホノルル空港からワイキキまでのアクセス
オアフ島のドールプランテーションを楽しもう!
ハワイのB級グルメ・レイズ・キアヴェ・ブロイルド・チキンを食べよう!
ダイヤモンドヘッドのジュースボックス(Juice Box)を楽しもう
バズズオリジナルステーキハウスへ行こう
ダウンタウンのホノルル港を歩こう
チョロスホームスタイルメキシカン(Cholos Homestyle Mexican Restaurant)へ行こう
カフクファームへ行こう
ノースショアのマッキーズカフクスイートシュリンプでグルメを楽しも
オアフ島のアロハタワーに上ろう
ハワイのアイランドヴィンテージカフェへ行こう
サンドピープルでショッピングを楽しもう
ウィリアムズ・ソノマでショッピングを楽しもう
ハワイのケートスペードでお得にショッピングを楽しもう
カイルアビーチパークへ行こう
ホノルル動物園へ行こう
シェラトンワイキキホテルに泊まろう
アラモアナショッピングセンターのフードコートを楽しもう
チーズバーガーインパラダイスへ行こう
ハワイのグーフィーカフェ&ダインへ行こう
ロイヤルハワイアンセンターのイルルピーノ・トラットリア&ワインバー
ハワイのローカルスポット・カフクの町
Ukulele PUAPUAでウクレレを楽しもう
ハワイアンジュエリーがおすすめのナ・ホク
景色が美しいシェラトンワイキキのカイ・マーケット
ハワイのショッピングスポットにおすすめのハミルトン・ブティック
ハワイのチーズケーキファクトリ―へ行こう
デューク・カハナモク像と魔法の石
チーズバーガーワイキキへ行こう