アメリカのおすすめ旅行情報サイト

海洋保護区に指定されているハナウマ湾

オアフ島のハナウマ湾

オアフ島のハナウマ湾

ハナウマ湾の駐車場

ハナウマ湾の駐車場

オアフ島を訪れたら、一度は行きたいビーチにハナウマ湾があります。

 

ここハナウマ湾はハワイ随一のシュノーケリングのスポットとして知られています。

 

ワイキキからは車で30分ほどの場所に位置しており、半日もあれば十分に観光を楽しむことができます。

 

ただしハナウマ湾はふつうのビーチとは異なり、誰でも楽しめるビーチですが、1967年に海洋保護区に指定をされています。

 

この指定をされた理由は美しいサンゴ礁と熱帯魚の宝庫として知られていることがその理由に挙げられます。

 

ハナウマ湾はオアフ島の海洋保護区としては、最も古いものとなっています。

 

しかし1990年代以降、観光客の増加に伴いハナウマ湾を訪れる人は増え続ける一方で、魚の生息の数も次第に減少しつつあることが課題となっていました。

 

そこでハナウマ湾では現在ビジターセンターで、その自然保護の大切さ、海洋環境の特徴などの知識を観光客に深めてもらおうと、観光客に対してビデオの鑑賞を義務付けています。

ハナウマ湾のビジターセンターでのビデオ鑑賞

ハナウマ湾のビジターセンター

ハナウマ湾のビジターセンター

そのためまずハナウマ湾でビジターセンター入場料を支払ってから、このビデオ鑑賞をするように誘導がされています。

 

入場料は2014年8月現在8ドルとなっていますが、近年この入場料は少しずつあがりつつあります。

 

たしかにハワイのビーチでは入場料を設けているところは少ないため、そのような点においてハナウマ湾は非常に珍しいビーチといえます。

 

しかしこれらのお金もまたハナウマ湾の美しい海の保全活動のために利用されているのです。

 

ビデオ鑑賞の時間は10分程度であり10〜15分おきに上映がされています。

 

ビデオ鑑賞する場所はミニシアターのようになっており、一度に入れる人数が限られているため、駐車場が混雑をしているとこのビデオ鑑賞にも時間がかかることがあります。

 

そのため通常のハワイのビーチとは異なり、ビーチに辿りつくまでに時間がかかることもありますので、なるべく時間に余裕を持って行動をするようにしましょう。

 

ビデオ鑑賞は基本的には立ち見となり、英語での対応となっています。

 

ただしリピーターや再来の予定がある人は一度ビデオをみたことをその場で登録ができるようになっているため、一度登録をしておくと次回以降はパスできるのでとても便利です。

 

そしてビジターセンターでビデオ鑑賞を終えた後、坂道を下りていくと、コバルトブルーに輝くハナウマ湾で、最高のビーチの時間を楽しむことができます。

 

シュノーケリングをしてみればカラフルで巨大なたくさんの魚たちが目の前を行き交う様子を楽しむことができ、迫力満点の光景を楽しむことができるのも、ここハナウマ湾ならではの魅力といえます。

関連ページ

ドールプランテーションのユニークなお土産
ハワイでお土産に人気のパンケーキの粉
カパフル通りのレストラン「Mr Ojisan」
ハワイアンジュエリーを楽しめるキングジュエリー
ワイキキ周辺にあるユニークな像
ハワイのロコブティック
モダンホノルルのレストラン「パッセージウェイ+ザ・グローブ」
アラワイハーバーに位置するチャートハウスワイキキ
モダンホノルルのお洒落なバーラウンジン「ザ・スタディ」
ワイキキのクヒオ通りの魅力
ハワイのお土産に人気のコーヒー
ローカルバス「ザ・バス」の乗り方
ハワイでサーフィンを満喫しよう
ダイヤモンドヘッドの麓にある「Magoo's Burgers 」
ワイキキで無料のフラショーの楽しみ方
ワイキキのローカルな雰囲気が楽しめるカパフル通り
ハワイのパワースポット・クカニロコ・バースストーン
ハワイの物価と賢く両替をする方法
ハワイでの結婚式におすすめの教会:ホヌカイラニ コオリナ・プレイス・オブ・ウェリナ
ヒルトンホテルの花火を満喫しよう
ロイヤルハワイアンセンターで人気のカルチャーレッスン
ハレイワ地区にあるマラママーケット
ハレイワ地区のキュート雑貨ショップ「tini manini」
ハワイの高級ホテル「ハレクラニホテル」
ワイキキにあるスポーツウエア店「フットロッカー」
オーガニックな「ブルーツリーカフェ」
お土産に人気のホノルルクッキーカンパニー
ハワイで人気のカフェ「ホノルルコーヒー」
ハレクラニのオーキッズでグルメを楽しもう