アメリカのおすすめ旅行情報サイト

ハワイにはたくさんのサーフスポットがある

ワイキキのたくさんのサーフボード

ワイキキのたくさんのサーフボード

ハワイにはたくさんのサーフィンを楽しむことができる場所があります。

 

その魅力とは自分のレベルに合わせてサーフポイントをチョイスすることができ、まさに自分に適したサーフポイントのチョイスこそが、サーフィンを楽しむ上で重要な鍵になるといえます。

 

サーフィンはワイキキ周辺のエリアでも楽しむことができますが、やや人が多いのが難点といえます。

 

そのため少し離れたエリアをチョイスすることで、まさに自分だけの波乗りを一層満喫することができます。

 

ハワイでは夏にはサウスショア、冬にはノースショアのエリアに大きな波が出やすいとされています。

 

そのためシーズンによってエリアを変えてみるのもおすすめといえます。

 

ハワイの海は鋭いサンゴ礁などが多いため、波乗りを楽しむ際に十分に注意するようにしましょう。

 

ビギナーと中級クラスの人には

ワイキキビーチ

ワイキキビーチ

ただしビギナーの方はまずはワイキキ周辺のビーチをチョイスするのがおすすめといえます。

 

オアフ島全体の中でも波がとても穏やかなエリアとされており、ビギナー向けのレッスンなどもたくさん開催されています。

 

波が穏やかなであるため、少し練習を重ねれば、慣れやすいのもワイキキビーチの魅力といえます。

 

また中級のレベルの人は、ワイキキから徒歩で30分ほど離れているアラモアナやダイヤモンドヘッドのあたりがおすすめです。

 

ワイキキよりも高い波が立ちやすく、それでいてパワフルな波が少ないため、適度に色々な波を楽しむことができます。

上級者におすすめのエリアはノースショア

たくさんのサーフポイントがあるノースショア

たくさんのサーフポイントがあるノースショア

特にサーファーから人気が高いのがワイキキの中心部から車で30分でアクセスができるノースショアのエリアです。

 

ハレイワからワイメアのあたりにかけて、約10ヶ所ほどのサーフポイントがあります。

 

全体的には中級者から上級者向けのエリアが多い印象です。

 

特にノースショアの中でも栄えているハレイワのあたりは、毎年トリプルクラウンプロサーフィンコンテストが行われるポイントの一つであり、よい波が立ちやすいエリアとされています。

 

そのためサーフィンを楽しむのには、とても快適な反面、危険でパワフルな波が立ちやすい印象ため、その日のコンデイションなどをよく確かめてから楽しむようにしましょう。

 

中でももっとも大きな波が立ちやすいといわれているのが、ノースショアパイプラインやサンセットビーチといわれています。

 

これらのポイントは、ポイントまで少し遠いため一見波が小さいようにも思えるのですが、一度波が来るとまさに迫力満点のビッグウェーブが押し寄せ、豪快なサーフィンを楽しむことができます。

 

平均すると10フィート以上もの大きな波が押し寄せるといわれており、上級者の中でもかなり自信にある人におすすめといえますが、一度はチャレンジしてみるのもおすすめです。

関連ページ

ドールプランテーションのユニークなお土産
ハワイでお土産に人気のパンケーキの粉
カパフル通りのレストラン「Mr Ojisan」
ハワイアンジュエリーを楽しめるキングジュエリー
ワイキキ周辺にあるユニークな像
ハワイのロコブティック
モダンホノルルのレストラン「パッセージウェイ+ザ・グローブ」
アラワイハーバーに位置するチャートハウスワイキキ
モダンホノルルのお洒落なバーラウンジン「ザ・スタディ」
ワイキキのクヒオ通りの魅力
ハワイのお土産に人気のコーヒー
ローカルバス「ザ・バス」の乗り方
ダイヤモンドヘッドの麓にある「Magoo's Burgers 」
ハナウマ湾とビジターセンター
ワイキキで無料のフラショーの楽しみ方
ワイキキのローカルな雰囲気が楽しめるカパフル通り
ハワイのパワースポット・クカニロコ・バースストーン
ハワイの物価と賢く両替をする方法
ハワイでの結婚式におすすめの教会:ホヌカイラニ コオリナ・プレイス・オブ・ウェリナ
ヒルトンホテルの花火を満喫しよう
ロイヤルハワイアンセンターで人気のカルチャーレッスン
ハレイワ地区にあるマラママーケット
ハレイワ地区のキュート雑貨ショップ「tini manini」
ハワイの高級ホテル「ハレクラニホテル」
ワイキキにあるスポーツウエア店「フットロッカー」
オーガニックな「ブルーツリーカフェ」
お土産に人気のホノルルクッキーカンパニー
ハワイで人気のカフェ「ホノルルコーヒー」
ハレクラニのオーキッズでグルメを楽しもう