アメリカのおすすめ旅行情報サイト

日本食も多く展開をしているハワイのレストランの傾向

ハワイのレストランは近年次々に新しいレストランがオープンしており、その種類も豊富になってきています。

 

アメリカン料理やハワイアン料理だけではなく、日本のうどん専門店である「丸亀製麺」や和食レストラン、ラーメン店、お寿司に至るまで日本の食文化はハワイには深く浸透しつつあります。

 

ただし日本ではお馴染みのチェーン店であっても、味や値段は同じではないので、注意するようにしましょう。

 

特にラーメンなどは日本では700円前後が相場であっても、ハワイでは10〜15ドル前後することも少なくはありません。

日本のレストランとハワイのレストランの違い

ハワイのレストランのグルメ

ハワイのレストランのグルメ

特にハワイのレストランでは基本的に禁煙としていることが多いので注意が必要です。

 

またレストラン内で禁煙としている場合でも、入り口付近で喫煙所を設けている場合もあります。

 

レストランが入っている商業施設であれば、喫煙コーナーがあることもあります。

 

違反すると厳しく罰せられることもあるので、よく注意するようにしましょう。

 

また日本にはなかなか馴染みのないチップは、ファストフード店やフードコートであれば必要はありませんが、レストランではチップはマナーとなっています。

 

相場は支払いに対する10〜15%前後となっています。

 

そのため小銭などは小まめに用意をしておくのがおすすめです。

 

そのチップはお店のものではなく、そのテーブルを担当していた担当者のものとなります。

 

そのため追加で注文をしたり、何かリクエストなどをしたい場合には、基本的に担当者に呼びかけることも一つのマナーとなっています。

 

また日本ではコーヒーショップやファストフードなどではクレジットカードが利用できないことが多いですが、ハワイではこれらの場所ほとんどで利用することができます。

 

スキミングなどの被害は比較的少ないハワイですが、しっかりとカードからは目を離さないようにするようにしましょう。

 

また現金で支払った場合には、あまりハワイの人は暗算が得意ではないため、お釣りを間違われることも少なくありません。

 

その場でしっかりと確認をしてトラブルを避ける努力をすることもとても大切です。

ハワイならではのレストランの楽しみ方

レストランからのサンセット

レストランからのサンセット

ハワイのレストランでは海沿いの景色を楽しめるところも多く、それがハワイのレストランの醍醐味でもあります。

 

このようなレストランはできれば予約をしておくことがおすすめであり、日本からもウェブサイトから予約ができる場合もあります。

 

またドレスコードなどがあるレストランも多いので、予めしっかりと調べておくようにしましょう。

 

またハワイのレストランでは通常のサイズであっても日本の1.5〜2倍ほどのボリュームがあります。

 

日本のレストランの感覚からすると食べきれないことも多いのでシェアして楽しんだり、リクエストをすれば持ち帰りにも対応してくれるレストランも多いです。

 

日本ではやや敬遠されがちな持ち帰りもハワイではごく一般的なので、遠慮せずにリクエストしてみるのもよいでしょう。