アメリカのおすすめ旅行情報サイト

サンフランシスコの観光に欠かせないケーブルカー

サンフランシスコの街並み

サンフランシスコの街並み

アメリカのサンフランシスコは非常に坂の多い町として知られています。

 

しかしアップダウンがあることで、坂の上からは美しいサンフランシスコの沿岸部の景色を見渡すことができ、その美しい街並みも、サンフランシスコの魅力といえます。

 

そんな坂の多いサンフランシスコを効率的に楽しむのにおすすめの手段といえば、ケーブルカーです。

 

これは1873年に開業した世界最古のケーブルカーとして知られており、そのどこかクラシカルな雰囲気が、交通手段としてよりも観光客に人気が高い乗り物として知られています。

 

ケーブルカーの路線とチケットの購入方法

ケーブルカーの路線は全部で3つあり、パウエル・ストリート&マーケット・ストリートからフィッシャーマンズワーフまでを南北に結ぶパウエルハイド線(PH線)、パウエル・メイソン線(PM線)、カリフォルニア・ストリートを東西に走るカリフォルニア線(C線)となっています。

 

それぞれ朝6時から深夜1時過ぎまで運行しており、10分間隔と非常に小まめな運行をしています。

 

ケーブルカーは一回の乗車につき6ドルとやや割高となっているので、お得なフリーパスを利用するととても効率的といえます。

 

購入できる場所は、発着所にあるブースでチケットを購入するか、乗車してから車掌にお金を払う仕組みとなっています。

 

1デイパスは14ドル、2デイパスは22ドル、7デイパスは28ドルとなっています。

 

ケーブルカーをより楽しむために

ケーブルカーは時間帯に関わらずいつもたくさんの人で混みあっています。

 

ケーブルカーには一部は柵のないオープン席となっていますが、椅子もちゃんとあり、つかまり棒もあるので、さほど心配はいりません。

 

ただし地元の人は混雑していても乗るのに慣れているようですが、観光客の無理は禁物なので、混雑している時には次のケーブルカーを待つようにしてみるのもよいでしょう。

 

ただし途中の駅ではなかなか乗るのに時間がかかることもあるので、観光として楽しみたい場合には、パウエル・ストリート&マーケット・ストリートもしくはフィッシャーマンズ・ワーフの停留所で乗車するのがよいです。

 

ケーブルカーに乗ったらぜひ景色をより楽しめるように外向きに乗ってみるのもおすすめです。

 

ビル、車、人などとスレスレのラインを走っていくケーブルカーは、とても快適で心地がよく、スピードもあまり早くはないので、写真撮影などを楽しむことができるのも、ケーブルカーの魅力といえます。