アメリカのおすすめ旅行情報サイト

サンフランシスコのシンボル・ゴールデンゲートブリッジ

ゴールデンゲートブリッジ

ゴールデンゲートブリッジ

サンフランシスコのシンボルとして、広く親しまれている観光スポットにゴールデンゲートブリッジとよばれる橋があります。

 

この橋は「ゴールデンゲートブリッジ」という名称であることからゴールドを連想する人も多いですが、ゴールデンゲートブリッジは赤色をしており、インパクトのある光景を織り成しています。

 

「GOLDEN GATE」とよばれる海峡にかかっていることからそのようによばれるようになったのは、とても有名な話として知られています。

 

ゴールデンゲートブリッジは、全長2,737メートルにも及び、2本の支柱の高さはそれぞれ227メートル、支柱間は1280メートル、橋の中央の高さは水面67メートルにも及びます。

 

ゴールデンゲートブリッジまではバスでもアクセスができますが、やや不便なためツアーかレンタカーなどを利用するのがおすすめです。

 

ゴールデンゲートブリッジの楽しみ方

下からのゴールデンゲートブリッジ

下からのゴールデンゲートブリッジ

ゴールデンゲートブリッジは歩いても渡ることができ、徒歩であれば通行料は無料、ゆっくり歩いても30分ほどで渡ることができます。

 

また自転車でも走行が可能となっており、フィッシャーマンズワーフ周辺には、レンタサイクルショップもたくさんあります。

 

自転車用と歩行者用とセンターラインで区切られていますが、観光客でいつもごった返しています。

 

また橋はかなり高い場所にあるため、高所恐怖症の方にはあまりおすすめはできません。

 

ただし全て渡らなくても絶景ポイントがいくつか設けられているので、そこまでいって折り返して観光するのもおすすめです。

 

また車での通行の場合には、高いところを走る上に、道幅は狭いため通常のドライブとはやや異なるスリルを感じることもあります。

 

また駐車場はサンフランシスコ側の駐車場は満車のことが多いため、反対側の駐車場の方が比較的空いていておすすめです。

ゴールデンゲートブリッジをより楽しむために

ゴールデンゲートブリッジ周辺は真夏であっても非常に涼しく感じられることがあり、秋でもコートを着ている人も多く、観光をする際には厚着を意識するのがおすすめです。

 

また風が非常に強いエリアでもあるため、身の回りの物が飛ばされないように注意するように心がけるとよいでしょう。

 

サンフランシスコは霧が多いエリアとして知られていますが、霧がなければ青い空に赤い橋がとても映えている光景が美しく、写真スポットとしてもとてもおすすめです。

 

またゴールデンゲートブリッジ周辺を走るクルーズでダイナミックな姿を楽しむのもおすすめです。

 

下から見上げるゴールデンブリッジもまた一際異なる魅力があり、色々な角度からサンフランシスコを楽しむことができるのもゴールデンゲートブリッジの魅力といえるでしょう。