アメリカのおすすめ旅行情報サイト

サンフランシスコの観光スポット・アルカトラズ島

サンフランシスコにはたくさんの観光名所がありますが、ゴールデンゲートブリッジ、フィッシャーマンズワーフと並んで、サンフランシスコ観光の目玉といわれているスポットが「アルカトラズ島」です。

 

このアルカトラズ島は通常のリゾートの島とは異なり、1963年まで実際に使われていた刑務所が残っており、どこか暗い雰囲気に包まれています

 

それもどこか歴史を感じさせるようで、独特の雰囲気が観光地として人気を集めています。

 

映画「アルカトラズからの脱出」は、実施にこの島から脱出する脱獄犯の実話を元に作られている映画として知られています。

 

そのためこの映画を見てからここアルカトラズ島に観光をしてみると、よりリアルに観光を楽しむことができるのでおすすめです。

アルカトラズ島へのアクセス

沖合から見たサンフランシスコの街並み

沖合から見たサンフランシスコの街並み

アルカトラズ島へのアクセスはピア33からフェリーがでています。

 

非常に人気のある観光地であることから、事前にウェブサイトでチケットを購入しておくことがおすすめといえます。

 

料金はフェリーの往復と島内の刑務所を解説するオーディオガイド代金を含めて、約30ドルとなっています。

 

ここアルカトラズ島のオーディオガイドは、囚人役と監視役が対話する形式で作られており、とても分かりやすい解説が人気となっています。

 

また事前にチケットを購入している場合でも、乗船待ちにもたくさんの行列ができています。

 

アルカトラズ島はサンフランシスコの沖合からわずか3キロほどしか離れていないため、フェリー乗ってからは約20分で到着ができます。

 

またアルカトラズ島から、ゴールデンゲートブリッジやサンフランシスコの景色も見ることができ、その島の雰囲気とは対照的に、美しい景色を楽しむことができるのも魅力の一つといえます。

アルカトラズ島の人気の理由

アルカトラズ島は「悪魔島の異名」を持っており、刑務所、独房、監視室などが残されており、当時の生々しい様子をうかがうことが出来ます。

 

周囲の潮流は非常に冷たくて早いとされているため、脱走が極めて難しい監獄としても知られていました。

 

とてもリアルな牢獄であり、圧巻されるような雰囲気に包まれています。

 

いくつもの狭い鉄格子の部屋が並んでおり、まさに映画のワンシーンのような光景が目の前で次々に展開されていきます。

 

やや怖いと感じる場所もありますが、観光客の大半がコストパフォーマンスの高い観光地として評価しています。

 

日本ではあまりこのような場所がないことから、日本人観光客からは特に人気の高い観光地といえるでしょう。