アメリカのおすすめ旅行情報サイト

サンフランシスコのピア39

サンフランシスコのピア39は、フィッシャーマンズワーフと隣接をしている埠頭で、たくさんの観光客が賑わいをみせるエリアとして親しまれています。

 

ピア39以外にも実はピア33や35のような名称の場所もありますが、もっとも活気ある場所こそがピア39として知られています。

 

ここはかつて埠頭として機能していた場所ですが次第に観光地化が進み、今ではたくさんのショップ、グルメスポット、お土産店などの他、小さな遊園地や水族館などもあります。

 

ピア39には低層階の建物が多く、カジュアルに入りやすいお店がたくさんあるのもとても魅力的です。

 

特にレストランの数が特に豊富にあり、サンフランシスコの名物であるクラムチャウダーやシーフードを楽しめるお店も多数あります。

 

オープンテラス席のレストランはいつもたくさんの人たちで賑わいを見せているので、食事時間よりも少し早目の時間に訪れてみるのがおすすめです。

 

お土産ショップはここでしか購入できないものもありますが、サンフランシスコの他のエリアでも購入できるものはやや割高となっている印象なので、うまく使い分けてみるのもおすすめです。

 

1階には比較的大きなお店が多く、2階には比較的小さなお店が多くかわいらしいキュートなお店も多くあり、個性的なお店も揃っています。

 

ピア39には専用の駐車場もありますが、駐車料金はやや割高となっており、路面電車やバスなどでもアクセス可能となっているので、できれば公共交通機関を利用するのがおすすめです。

ピア39をより楽しむために

またピア39が海に突き出した形であることから、サンフランシスコの美しい景観を楽しむことができ、時にはアシカの大群を見ることもできます。

 

アシカがゴロゴロと寝そべっている光景はどこかダイナミックで、どこかのどかな雰囲気もまたいいものです。

 

水族館などでみるよりもありのままの姿を見ることができ、気ままな雰囲気が散策の休憩にはとてもおすすめです。

 

またサンフランシスコのシンボルであるゴールデンブリッジ、アルカトラズ島なども一望することができます。

 

またピア39ではユニークなストリートパフォーマーもたくさん見かけ、見ているだけでもとても楽しい気持ちにさせてくれます。

 

ただし若干海風が冷たいため、夏場でも一枚羽織物があると便利といえます。

 

コンパクトなエリアでありながらも、きれいなお手洗いなども完備されておりとても清潔感があります。

 

ただし日曜日はかなり混雑をしており、歩くのもやっとなほどなのでよく注意するようにしましょう。