アメリカのおすすめ旅行情報サイト

セドナを楽しむためも必須アイテム

土埃がたくさんあるセドナの山道

土埃がたくさんあるセドナの山道

セドナは広大な自然が残された観光地であり、夏のシーズンはとても暑く冬はとても寒い気温の差が激しいエリアでもあります。

 

そのため行くシーズンによって持ち物は大きく異なるので、事前にしっかりと現地の情報を確認しておくことをおすすめします。

 

また昼間と夜で気温の寒暖の差も激しいため、脱ぎきしやすい服装を心掛けてみるのもよいでしょう。

 

夏はとにかく気温が高く40度くらいになることも、少なくありません。そのためハイキングやトレッキングを楽しむ計画をしている人は、日焼け止め、帽子、サングラスは必須アイテムとなっています。

 

また観光地には観光案内所どころか、水や軽食などを購入するところがないところも多くあります。

 

特にハイキングなどを計画している人は、往復数時間の道のりの途中に全く売店がないこともあり、事前にホテルからきちんと準備をして持っていくようにするのがおすすめです。

 

特に夏場は水筒やスポーツ飲料の素などは活躍する場面も多いので、日本から持っていくとよいでしょう。

 

またハイキングやトレッキングをする場合に、両手があけられるようにリュックサックなどがあるととても便利です。

 

初心者向けのトレッキングコースであっても箇所は少ないとはいえ、岩場などを超えていかなければならないこともあります。

 

そのため軍手などがあるとより安全に観光を楽しむことができます。

 

また夏場でも怪我から身を守るためにサンダルなどはあまりおすすめできません。

 

そのためできればしっかりとした登山シューズもしくはスニーカーは必須アイテムとなっています。

 

またセドナには遊歩道が少なく土埃がつきやすい山道も多々あり、できれば汚れてもよい靴を履いていくとよいでしょう。

 

しかし逆に夏場であればセドナでは川遊びができるところも多いので、ビーチサンダルがあると、水遊びも安全に楽しむことができます。

 

よりセドナを楽しむために

デビルブリッジからみた景色

デビルブリッジからみた景色

またセドナにはインフォメーションセンターや観光案内所などもありますが、それ以外の場所にセドナ全体のマップであったり基本情報などを入手しにくいこともあります。

 

そのためできれば日本からわかりやすい地図などを見つけても、もっていくのもおすすめです。

 

またセドナは実際に観光地に足を運んでみるだけではなく、エアポートメイサやデビルブリッジのような観光スポットでは遠目に美しい景色を望めるビューポイントもたくさんあり、より景色を楽しむには双眼鏡などがあるとより便利です。

関連ページ

ロサンゼルス〜フェニックス〜セドナへドライブしよう!
スピリチュアルな町!セドナへ行こう!
旅行者の味方!セドナのビジターセンターへ立ち寄ろう
セドナの街全体を囲むように聳え立つレッドロックの魅力に迫る
セドナで最も有名な教会・チャペルオブザホーリークロス
セドナのかわいらしいショッピングモール「Tlaquepaque(テラカパキ)」へ行こう!
アップタウン・セドナを歩く
ハイアットピニョンポインテに泊ろう
セドナを流れるオーククリークの川を楽しむ
セドナの秘境・デビルブリッジへ行こう!.
カラフルな外観が印象的なThe Saguaro Scottsdale
セドナでサイキック体験
セドナから日帰りでアクセスできるコットンウッド
セドナのオーガニックカフェとして人気の「D'lish Very Vegetarian cafe」
セドナの夜を満喫しよう
日本からセドナまでのアクセス方法
セドナのおすすめのショッピングスポット・ハイアットピニョンポイントショッピングセンター
セドナの4大ボルテックスの一つエアポートメサ
セドナから日帰り観光におすすめのジェローム
ジェロームのBartlett Hotelへ行こう
セドナの4大ボルテックス
セドナでおすすめのお土産
セドナのベルロックのトレイルを歩こう
セドナのおすすめの夕陽スポット
美しい光景が人気のレッドロッククロッシング
高級ホテル・エンチャントメントリゾート
セドナでキャンプを楽しむ
セドナでおすすめのツアー
セドナの交通事情